レンタルサーバー|Joe'sウェブホス>ティング

レンタルサーバー|Joe'sウェブホスティング

メールの利用についてご説明します。

  • 会社情報
  • お問い合わせ
  • サイトマップ

導入マニュアル

レンタルサーバーのJoe'sトップサポート導入マニュアルメールの利用

メールの利用

2016年7月4日 10:00~17:00
「instantssl.co.jp」ドメインでの共用SSLの提供を終了いたします。

メール、FTP
ドメインの変更に伴いまして、2016年7月4日 10:00~17:00以降にメール、FTPを利用される際に、 セキュリティ警告が表示される場合がございます。警告が表示された場合は、画面表示にしたがって 例外に追加して頂くか、メールサーバー、FTPサーバーのホスト名を、
serverXX.instantssl.co.jp
から、
serverXX.joeswebhosting.net
に変更してご利用ください。

cPanel
ドメインの変更に伴いまして2016年7月4日 10:00~17:00以降にcPanelを利用される際に、 セキュリティ警告が表示される場合は、下記の形式のURLにアクセスしてください。
https://serverXXjoeswebhosting.net:2083/

メールが受信できない

  • サーバのメールクォータがFull状態の可能性があります。サーバ内のメールを削除、メールクォータの容量を拡大するとよいです。
  • ディスククォータがFull状態の可能性があります。ディスククォータ容量不足により、メールが届かない状態になっています。FTPでデータを整理していただく必要がございます。

メールが送信できない

メールが送信できない場合、近日、迷惑メール対策と致しまして、インターネット接続プロバイダ(ISP)各社によってOutbound Port25 Blocking(通称OP25)が実施されつつあります。この影響で、弊社サーバご利用中のお客様におかれましてもメール送信に不具合が生じるケースが多発しております。OP25の詳細につきましてはご利用のISP各社が提供している資料を参照するかISP各社へお問い合わせください。

これを受け、弊社でも弊社メールサーバを利用したメール送信が従来どおり可能な様に、SMTP over SSLを導入させて頂いております。

SMTP over SSLはほとんどのメールクライアントソフトウェアで利用可能であり、OP25導入環境下でも別ポート(TCP 465)を使用して暗号化された安全なチャネルを経由してメールを送信できるようにするためのものです。

対策と致しましては下記の資料をご参照頂きます様お願い申し上げます。

1 送信サーバー(SMTP)のポート番号を変更する
2 SMTP(POP) over SSLをご利用いただく
3 WEBメールをご利用いただく
4 SMTP認証がONになっていない場合
5 Message Submission Portをご利用いただく

これらを解決することでこの現象が回避できるものと思われます。

1.送信サーバー(SMTP)のポート番号を変更する

以下のように送信サーバーのポート番号を変更していただくことで、送信していただけるようになります。メールソフトごとに設定箇所を記載いたします。

メールソフト SMTP認証設定方法
Outlook Express6 「ツール」→「アカウント」→「メール」タブの名称から設定するアカウントを選択→[プロパティ]ボタンをクリック→「詳細設定」タブ内「送信メールサーバー」で、25 を 587へ変更
Outlook 2003 「ツール」→「電子メールアカウント」でウィザードを開き、「既存の電子メールアカウントの表示と設定」を選択して次へ→該当するメールアカウントを選択して変更→[詳細設定]→詳細設定タブの「送信サーバー(SMTP)」で 25 を 587へ変更
Becky! InternetMail Version2 「ツール」→「メールボックスの設定」→「詳細」タブのポート番号の「SMTP」で、25 を 587へ変更
Eudora 6 「ツール」→「オプション」→カテゴリの「ポート」を選択→「SMTP」で、25 を 587へ変更

2.SMTP(POP) over SSLをご利用いただく

Outlook Expressをご利用中でございましたら、現在のメールの設定から下記の設定項目を変更してください。Outlook Express以外の環境の場合は、ご自身の環境に合わせて設定して頂きます様お願い申し上げます。該当のメールアカウントのプロパティを開いて頂き、

[サーバタブ] サーバー情報
送信メールサーバ(SMTP):表にあるサーバー名

POP over SSLを仕様する場合は下記も設定して下さい。受信メールサーバ(POP):表にあるサーバー名

server01 server01.joeswebhosting.net
server02 server02.joeswebhosting.net
server03 server03.joeswebhosting.net
server04 server04.joeswebhosting.net
server05 server05.joeswebhosting.net
server06 server06.joeswebhosting.net
server07 server07.joeswebhosting.net
server08 server08.joeswebhosting.net
server09 server09.joeswebhosting.net
server10 server10.joeswebhosting.net
server11 server11.joeswebhosting.net
server12 server12.joeswebhosting.net
server13 server13.joeswebhosting.net
server14 server14.joeswebhosting.net
server15 server15.joeswebhosting.net
server16 server16.joeswebhosting.net
server17 server17.joeswebhosting.net
server18 server18.joeswebhosting.net
server19 server19.joeswebhosting.net
server20 server20.joeswebhosting.net
server21 server21.joeswebhosting.net
server22 server22.joeswebhosting.net
server23 server23.joeswebhosting.net
server24 server24.joeswebhosting.net
server25 server25.joeswebhosting.net
server26 server26.joeswebhosting.net
server27 server27.joeswebhosting.net
server28 server28.joeswebhosting.net
server29 server29.joeswebhosting.net
server30 server30.joeswebhosting.net
server31 server31.joeswebhosting.net
server32 server32.joeswebhosting.net
server33 server33.joeswebhosting.net
server34 server34.joeswebhosting.net
server35 server35.joeswebhosting.net
server36 server36.joeswebhosting.net
server37 server37.joeswebhosting.net
server38 server38.joeswebhosting.net
server39 server39.joeswebhosting.net
server40 server40.joeswebhosting.net
server41 server41.joeswebhosting.net
server42 server42.joeswebhosting.net
server43 server43.joeswebhosting.net
server44 server44.joeswebhosting.net
server45 server45.joeswebhosting.net
server46 server46.joeswebhosting.net
server47 server47.joeswebhosting.net
server48 server48.joeswebhosting.net
server49 server49.joeswebhosting.net
server50 server50.joeswebhosting.net
[詳細設定タブ] サーバーのポート番号
送信メール(SMTP):465
このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要:チェックを入れる
[POP over SSLを仕様する場合は下記も設定して下さい。]
受信メール(POP):995
ここのサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要:チェックを入れる

以上でSMTP over SSLの設定は完了です。

3.WEBメールをご利用いただく

http://ドメイン名:2095、http://www.ドメイン名:2095、http://ホスト名:2095、http://IPアドレス:2095などで、

ユーザ名:メールアドレス / パスワード:そのメールアドレスのパスワード

を入力してください。

そして、お好みで、SquirrelmailまたはHordeを選択します。大変お手数ですが、上記の設定をお試し頂きました上で、メールの送信が可能かをご確認頂きますようお願いします。

4.SMTP認証がONになっていない場合

SMTP認証とはメールを送信する際に、認証を行う仕組みです。多くのプロバイダでは「25番ポートブロッキング」が実施されています。メールクライアントソフトの設定をしてください。

メールクライアントソフトの設定は以下をご覧ください。

メールソフト SMTP認証設定方法
Outlook Express6 「ツール」→「アカウント」→「メール」タブの名称から設定するアカウントを選択→[プロパティ]ボタンをクリック→「サーバー」タブ内「送信メールサーバー」項目の「このサーバーは認証が必要」にチェック
Netscape7 「編集」→「Mail&Newsgroupsアカウントの設定」→「送信(SMPT)サーバ」を選択→「名前とパスワードを使用する」にチェックしユーザ名(アカウント)を入力→メールの初回送信時にパスワードを求められるのでパスワードを入力
Becky! InternetMail Version2 「ツール」→「メールボックスの設定」→「詳細」タブの「SMTP認証」にチェック→「ユーザーID」と「パスワード」に正しい情報を入力
Eudora 5.1 「ツール」→「オプション」→カテゴリの「基本設定」を選択→「認証を許可」にチェック

5.Message Submission Portをご利用いただく

Message Submission Portといたしまして送信ポートを587へ設定していただくことで、メール送信が利用可能となります。その際、SMTP認証が有効にしていただく必要がございます。

[サーバタブ]送信メールサーバー
このサーバーは認証が必要

にチェックを入れます。

特定のアドレスのメールが届かない

メールフィルタ設定で受信できていない可能性がございます。

一覧へ戻る


専用サーバー

サーバー納品48時間、使って納得してからのお支払い

メディア掲載情報

メディア掲載情報

その他サービスのご案内

Joe's バーチャルオフィス  SSL市場

Joe'sクラウドコンピューティングでは、実在性の証明とプライバシー保護のため、ベリサイン株式会社のSSL証明書を使用し、SSL暗号化通信を行っています。





レンタルサーバー21,000社以上、SSL証明書9,000件以上の豊富な実績。共用サーバー、専用サーバー、SSL証明書の事ならJoe'sクラウドコンピューティングへ

copyright© 2002-2012 Joe's Cloud Computing, Inc. All rights reserved.